PCMAXで出会った20歳のエロすぎる彼女ができた体験談!お嬢様系の見た目とは正反対で大興奮!

私は26歳でフリーランスで家で仕事をしています。相棒は犬を1匹飼っているので、毎日散歩をする事が日課となっています。

自分でブログを作って毎日の様子を書いたり、たまに地元のイベント記事などを書いて投稿をしています。地元は田舎ですし家で仕事をしているので、女性との接点はほとんどありません。

そこで出会い系サイトのPCMAXを使って、誰かと出会えないか軽い気持ちでやってみることにしました。利用料金も安いですし、気軽にやりたい人にはおすすめです。

PCMAXで近所に住む女性とマッチング

ほどなくして何件かメッセージを返信してくれる人がいました。その中の一人の女性が私の近くに住んでいるというので、親近感が湧いて頻繁にやりとりするようになりました。

その中で私がブログをやっていることを伝えると、彼女は私に何度か朝すれ違ったことがあると言ってきたのです。朝すれ違う女性といっても、田舎なので分かりそうなものです。

しかし私が散歩する時間帯は通勤の時間と被るので、多くの人とすれ違います。それから何度かやり取りをしている時に、また私のことを見かけたという話になりました。

その時声を掛けてほしいといったのですが、何だか恥ずかしいから声を掛けられないと言われました。私は彼女の年齢も分かりませんし、その時はただ純粋に会って話がしたいと思っていました。

私は思い切って彼女が時間がある時に、一緒に散歩しないか誘ってみました。初めは会って幻滅されたら嫌だからと断わられましたが、次第に軟化していき会う約束をしてくれました。

相手はまさかの20歳お嬢様系美少女!

待ち合わせの場所に着くと、すぐに若い女性に声を掛けられました。

そこにはワンピースを着たスレンダーな色白の女性で、おっとりとした雰囲気の彼女はまだ10代の女性のように感じました。彼女の年齢は20歳でいわゆるお嬢様系の女性です。

私は彼女のプロフィールが分からなかったので、初めて会ってこんなきれいな女性と会えるとは思ってもいませんでした。出会い系サイトを使って誰かと会うのは初めてでしたが、期待以上の彼女に会うことができてビックリしました。

私はどうしていいか分からなかったのですが、とりあえず近くのレストランで食事をしました。昼前に待ち合わせをしたのでランチの時間ですが、そこで彼女のことをいろいろ話してくれました。

彼女は出会い系サイトを利用したものの、いざ会うとなるとなかなか勇気が出なかったそうです。しかしブログを見て私と朝すれ違ったりしたことで、私のことがだんだん気になりだしたようです。

相手のことが少しわかっているので、だんだん興味も持っていつの間にか好きになっていったようです。私としてはいきなり告白されたようなものですが、初対面の女性なので戸惑っていました。

その後は時間もたくさんあるので、2人で遊べるようなゲームセンターやカラオケなどへ行き、夕方近くにまで遊んでいました。デートをしたことによって、一気に彼女のことが好きになっている自分もいました。

夜も近くなってきたので彼女にどうするか聞くと、「明日は休みだから何時まででも大丈夫」と言ったのです。私はその時自分で勝手に「今日はいける」と思いました。

初対面でホテルへ!見た目とは正反対の淫乱っぷり

その後ディナーを食べて少しお酒を飲みに行きました。彼女はお酒が弱かったらしく、ちょっと飲んだだけでかなり酔っぱらってしまいました。

彼女は酔いを覚ますためにゆっくりしたいというので、そのままホテルへ行く流れとなったのです。

彼女はお嬢様系とはいえ、若いのでかなり積極的な女性だと感じました。酔っているからなのか抱きついてきたリ、寄りかかってくるので何だか嬉しい気分になってきます。ホテルの部屋に着くなり彼女がいきなり抱きついてきました。

「やっと2人きりになれた」可愛らしく彼女が言うと、我慢できなくなりキスをしました。彼女は素直に受け入れてそのままの流れで洋服を脱がします。

ワンピースなので洋服を一気に脱がせると、驚きのノーブラでした。着やせするタイプなのかDカップはありそうな胸で、触り心地も柔らかくて最高です。

そのままの流れでセックスをすると、ベッドに行った途端彼女から積極的に上に乗って責めてきました。私は彼女のことをお嬢様系の女性だと思っていましたが、実は真逆でかなり積極的な女性だということが分かりました。

セックスが終わると「ずっとこうしたかった」と言って腕枕で横になりました。その日は一泊した後、連絡先を交換してまた散歩をした時に会う約束をしました。

付き合ってからますます変態プレイを楽しむ

次の日さっそく散歩をしていると、彼女と会うことができました。やっぱり彼女は可愛らしく、どう見てもおしとやかなお嬢様にしか見えません。

彼女はワンピースでしたが、私は意地悪のつもりで「今日も下着つけていないのか?」と聞くと、彼女は恥ずかしそうに「うん」と答えました。

彼女は性に対して積極的な女性で、私も経験がなかったので彼女とやることすべてが新鮮に思えました。それから彼女とは頻繁に会うようになり、いつの間にか付き合っていました。

もちろんプレイはだんだんとエスカレートしていき、お互い楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です